全て実際に使った体験談・比較写真を公開しています♪

敏感肌さんはマスク荒れに注意!マスクはお肌の上でこすれてますよ!

りと
花粉症やインフルエンザ対策として、マスクは手放せないですよね…
マスクを付ける季節になると、なんだかお肌の調子が悪い…
って事はないですか?
お肌の調子が悪いから、見られたくない。
だから、ずっとマスクを着け続けている。
そんな方は、「マスクで起こる肌荒れ」が更にお肌を悪い状態にしてるかもしれません。
お肌をマスクから守る為に出来る事をお伝えしたいと思います。
参考にしていただければ嬉しいです。
スポンサー

敏感肌で元アトピーの私はマスクでこんな肌荒れをします!

マスクの肌荒れ

これは、ちょうどマスクで肌荒れを起こしている状態です。

少し赤くなっている部分があります。

更にマスクを着け続けるとこんな風になりました。

マスク荒れ

マスクの淵とゴムの「こすれ」により、皮膚が薄くなってしまっています。

ブツブツができる
カサカサになっている
皮むけが起こっている

このお肌の状態が、

  1. 頬のマスクの淵が当たる部分
  2. アゴ

の3点に起こっています。

更に、

頬のマスクで隠している部分。

お鼻の横からマスクの淵までの部分。

この部分は、カサカサになっています。

マスク肌荒れココ

お顔の中心部分がほぼすべて肌荒れしている状態です。

りと
マスクでの肌荒れ、本当にツライ…
肌荒れは治したいけれど、マスクは必要だし…
困る!

マスクで肌荒れを感じたら…

マスクをしている部分だけが肌荒れをしている

これが、マスクでの肌荒れのサインだと思います。

ご自身の肌をよくよく観察してみると分かると思います。

そんな時は

マスクが当たる部分にワセリンを塗る

こちらは、ワセリンの不純物を取り除いた高純度でお肌に優しいものになります。

敏感なお肌に使うには、白色ワセリンやヴァセリンよりもサンホワイトが純度が高くオススメです。

お肌にワセリンを塗るのはべたつきが気になるかもしれませんが、

  1. マスクがお肌に直に触れないようにする為に
  2. マスクを外した時の乾燥を防ぐ為に

ぜひ、取り入れて欲しい方法です。

マスクの下にインナーマスクをする

マスクの下にシルクのインナーマスクをする事で、直接お肌に当たるのが優しいシルクとなりますので、お肌への刺激が減少するかと思います。

りと
インナーマスクは、はじめは恥ずかしいかもしれませんが、お肌の快適さに手放せなくなりますよ!
マスクを使う時間を短くする
外出中はマスクをしなければいけない状態だとは思うのですが、「肌荒れを隠す為」のマスクの場合は、できるだけマスクをしないようにしましょう。
マスクをしない方が肌荒れも早く治ります。
花粉症やインフルエンザ対策でマスクをする場合は、マスクが必要無い場所ではできるだけ外すようにする。
面倒かもしれませんが、マスクがお肌へ触れている時間をできるだけ短くする事は、肌荒れ改善への近道だと思います。
皮膚科医の先生もこのように伝えていらっしゃいました。
マスク肌荒れ説明

お肌が荒れている時のスキンケアは優しくが鉄則

敏感肌さんのスキンケアと言えば、

とにかく優しく優しく優しく!
こすらないスキンケア!

が鉄則ではあるのですが、お肌が荒れている時は、特に優しくしてください。

りと
お顔全体がケガをしているイメージで、傷口に触るくらいの優しさでスキンケアをしてあげてください♪

いつも使っているスキンケアでお肌がピリッと刺激を感じたりする時は、刺激の出るアイテムは使わないようにしましょう。

りと
私はお化粧水で刺激を感じるので、お化粧水を使わなくなりました!

季節によって手放せないマスク。

敏感肌さんは、ワセリンを塗る、インナーマスクなどを使う方法をお試しいただければと思います。

関連記事

花粉症、インフルエンザ、コロナ…これから出てくるかもしれないウイルス… 使い捨てマスクを使い続ける日々にお肌が悲鳴を上げてきている西本りとです。 マスクを付けている部分のお肌がカサカサになり、マスクの淵の部分に吹き出物ができ、マ[…]

マスク アイキャッチ
スポンサー