全て実際に使った体験談・比較写真を公開しています♪

【アルカリ性?酸性?】石鹸のPHを調べてみました!

普段、石鹸を使っている方はご存知かもしれませんが

 

石鹸はアルカリ性です!
ただ、世間では
  • 弱酸性の石鹸
  • 弱アルカリ性の石鹸
と書かれた石鹸も販売されています。
弱酸性と書かれている石鹸は本当に弱酸性なのか?弱アルカリ性の石鹸は本当に弱アルカリ性なのか?
気になりませんか?
こちらの記事では、色々な石鹸のPH(ペーハー)を試験紙で調べた結果を乗せて行こうと思います!
トライアルセットなどで手に入った石鹸などのPH(ペーハー)をどんどん追記していく予定です。

 

スポンサー

酸性・中性・アルカリ性の目安を確認

これから試験紙でPH(ペーハー)のチェックをしていくにあたり、試験紙の色がどのように変わると酸性なのか、中性なのか、アルカリ性なのか。
そして学生時代に習ったPH(ペーハー)の数字。
忘れてますよね…(私はすっかり忘れていました)
ph
こちらが、酸性・中性・アルカリ性のPH表です。
  • 3.0未満 酸性
  • 3.0 ~ 6.0 弱酸性
  • 6.0 ~ 8.0 中性
  • 8.0 ~ 11.0 弱アルカリ性
  • 11.0を超えるもの アルカリ性

これを基準に石鹸のPH(ペーハー)を調べようと思います。

私が持っている試験紙の色に関しては

phチェック

レモン液はPH1で酸性

水はPH6で中性

そして弱アルカリ性のPH8~PH9はこんな色です。

 

それでは、さっそく石鹸のPH(ペーハー)をチェックしてみましょう!

 

MIMC オメガフレッシュモイストソープは弱アルカリ性なのか?PHは?

オメガフレッシュモイストソープ2

MIMCで頂いたサンプルです。

MIMCのオメガフレッシュモイストソープは、限定商品が発売されたり、基本の石鹸も新しく入れ替わる事が多いので成分などは公式サイトをご確認ください。

石鹸の製法に関しては変更が無いようで コールドプロセス製法で作られた石鹸で「弱アルカリ性」 と書かれています。

MIMC石鹸PH

MIMC オメガフレッシュモイストソープのPHを調べてみたところ、

◎PH8~9

という結果になりました。

ph

PH8~9ですので、弱アルカリ性です。

MIMCの石鹸が弱アルカリ性かどうか気になっている方の参考になれば嬉しいです。

【MIMC公式】オメガフレッシュモイストソープ

 

ワイエスラボ うるおい肌石鹸(無添加石鹸)は弱アルカリ性なのか?PHは?

ワイエスラボうるおい肌石鹸

ワイエスラボのトライアルセットに入っていた石鹸です。

成分:パーム油、水、パーム核油、水酸化Na、スクワラン

純石鹸にスクワランが配合されている石鹸です。

ワイエスラボの石鹸もMIMCと同じくコールドプロセス製法で「弱アルカリ性」で作ってあるとワイエスラボのブログに書かれていました。

更に、ワイエスラボの石鹸に関しては、納品の前にワイエスラボの代表者がPHを計って確認しているとの事!

ワイエスラボの石鹸ph

さすがですね!

納品前にPHを測定しているという事もあり、PH8で弱アルカリ性でした。

ワイエスラボのうるおい肌石鹸が本当に弱アルカリ性なのか気になっている方の参考になれば嬉しいです。

【公式サイト】本当の無添加化粧品ワイエスラボ

▼ワイエスラボのスキンケアについて詳しく書いています♪

関連記事

私は元アトピーで敏感肌です。 敏感肌でもアトピー肌でも、「新しいスキンケア」や「シミやシワを予防する為の攻めのスキンケア」をしたいって思いますよね!! でも、だいたい荒れますよね… 色々なスキンケアを試したいけれど、「この[…]

ワイエスラボアイキャッチ

 

ミヨシ 泡ハンドソープはアルカリ性?弱アルカリ性?PHは?

ミヨシ泡ハンドソープ

ドラッグストアで良く見かけるミヨシの泡ハンドソープです。

全成分:水、カリ石ケン素地

「カリ石鹸素地」に関しては、公式サイトで

  • 固形石けん:牛脂、パーム油、パーム核油など
  • 液体せっけん:パーム油、パーム核油、ナタネ油など
  • 粉せっけん:牛脂、ナタネ油、パーム油、大豆油など

このように公表されています。

ミヨシの石鹸がアルカリ性か弱アルカリ性なのかという事は、公表されておりません。

ミヨシ泡ハンドソープPH

試験紙でPHを調べてみた結果、

◎3回ともPH9

という結果になりました。

ph

PH9は弱アルカリ性です。

ミヨシの泡ハンドソープに関してはPH9でしたが、ミヨシはたくさんの石鹸を発売しています。

商品によってはアルカリ性の物もあるかと思います。

その点をご理解いただければと思います。

 

アルカリ性の石鹸でお顔やお肌を洗って大丈夫なのか?

人のお肌は弱酸性です。

それなのに、アルカリ性や弱アルカリ性の石鹸でお顔やお肌を洗っても大丈夫なのか?

 

大丈夫です!!!

 

アルカリ性や弱アルカリ性の石けんで洗ったからといって、弱酸性のお肌がそのままアルカリ性になってしまうわけではありません。

アルカリ性や弱アルカリ性の石鹸でお顔を洗った後、お肌は中性になり、皮膚から分泌する皮脂などにより自然に弱酸性に戻ります。

 

お肌の酸性の汚れや古い皮脂や角質などは、アルカリ性の石鹸の方が素早く良く落ちます。

美容家さんや美容医師の方は、「洗顔の時、泡を乗せる時間は10秒以内」と良く発信しています。

アルカリ性や弱アルカリ性の石鹸であれば、10秒と言わず、5秒…3秒でも十分汚れが落ちます。

お肌をゴシゴシしなくてもサラッと汚れを落としてくれる石鹸は、逆にお肌の負担を減らしてくれるとも言えます。

 

石鹸は水で洗い流すと界面活性作用を失う性質を持っています。

ご存知でしたか?

石鹸は、水で洗い流すと界面活性剤の作用を失うとの事なのです。

石鹸で洗顔をしたり体を洗った後、洗い流すと界面活性剤は残らないのです。

お肌の上に残った界面活性剤による肌荒れのリスクが少なくなるのです。

 

りと
お肌にも環境にも優しい石鹸!
色々な石鹸がありますが「無添加石鹸」と書かれているものがオススメです!

 

スポンサー